toggle
経営技術コンサルタント協会 MTCA

6月 22日(水)【オープンセミナー6月度】海外技能人材の採用・育成・登用の現状と課題  ~中小製造業の取組み事例を交えて~

開催日時: 2022年06月22日 18:30
種別: オープンセミナー
講師: 藤井 博史氏 一般社団法人 国際ビジネス振興協会 代表理事    慶応義塾大学 法学部法律学科(卒) 日本オリベッティ、カシオ計算機にてオンラインネットワークシステム営業SV、商品企画開発を担当後、 通信ベンチャーにて商品企画開発(取得特許4件)、海外生産統括管理、事業戦略、M&Aを主幹。 2012年コンサルタント事業としてネクストアドバンスを設立。 2013年一般社団法人 国際ビジネス交流振興協会を設立 代表理事。 中小企業の国際人材の採用、育成及び海外進出・事業戦略&コンサルティング。 製造業、流通サービス業の経営管理指導、IT化指導、人材開発・教育・評価制度策定、標準化マニュアル策定
会場: 大阪市立生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5F)第5研修室
出欠を知らせる
テーマ: 海外技能人材の採用・育成・登用の現状と課題  ~中小製造業の取組み事例を交えて~
開催日: 6月 22日(水)18時30分~20時
講 師:藤井 博史氏
場 所:大阪駅前第二ビル 生涯学習センター 第5研修室
参加費:リアル受講・リモート受講 一般参加1000円(お支払い方法受付後連絡)
※リモート参加の場合申込時に備考に記載お願いします。

【概要】
我が国の少子高齢化による労働人口の減少は多くの業界・業種で深刻な人材不足を招き、現在では外国人材の採用と
その育成及び登用の成否が企業活動にも大きな影響をもたらすまでに至っています。
また今回のパンデミックで世界的に人材の移動が長期間停止した結果、深刻な需給ギャップが発生し
優良な人材の確保、争奪が始まっている業界や職種も数多くあります。
またこのようななか人材採用、確保において弱者の中小企業は将来的にも海外人材に頼らざるを得ないにも拘らず
その採用、育成、登用の改善への取組みの必要性は兼ねてより指摘されていました。
試行錯誤のなか、この課題に独自に取り組んできた中小製造業の事例を交えつつ、外国人材の採用、育成、登用の
現状と課題を考えます。

【目次】
1. パンデミックによる海外人材の採用・移動の変化 (世界を俯瞰し日本の現状を見る)
2. 日本における海外人材(在留資格別)採用スキームの現状
3. 技能人材の採用・育成・登用の課題
4. 中小製造業の取組み事例
4.1. リクルーティングと採用
4.2. 教育(入国前、入社後)
4.3. 外国人社員評価制度
4.4. 海外現法と連携した循環型人材育成と登用 (技能実習生、特定技能、エンジニア、幹部への登用)
5. 今後の課題と取組み

【プロフィール】
藤井 博史氏
一般社団法人 国際ビジネス振興協会 代表理事
慶応義塾大学 法学部法律学科(卒)
日本オリベッティ、カシオ計算機にてオンラインネットワークシステム営業SV、商品企画開発を担当後、
通信ベンチャーにて商品企画開発(取得特許4件)、海外生産統括管理、事業戦略、M&Aを主幹。
2012年コンサルタント事業としてネクストアドバンスを設立。
2013年一般社団法人 国際ビジネス交流振興協会を設立 代表理事。

中小企業の国際人材の採用、育成及び海外進出・事業戦略&コンサルティング。
製造業、流通サービス業の経営管理指導、IT化指導、人材開発・教育・評価制度策定、標準化マニュアル策定