toggle
経営技術コンサルタント協会 MTCA

11月 17日(木)【オープンセミナー11月度】戦略経営としてのビジネスモデルについて

開催日時: 2021年11月17日 00:00
種別: オープンセミナー
講師: 小西一彦氏 兵庫県立大学名誉教授、西和総合研究所株式会社代表取締役、一般社団法人H&S代表理事 "大阪市立大学経済学部卒業、塩野義製薬株式会社(1965年~1968年)、大阪市立大 学大学院経営研究科博士後期課程(1969年~1975年)、神戸商科大学商経学部助手、講師、助教授、教授(1975年~2004年)、兵庫県立3大学の統合により兵庫県立大学経営学部教授(2004年~2005年)、追手門学院大学経営学部教授(2005年~2012年)、兵庫県立大学名誉教授(2005年~現在)、兵庫県の大店審、薬事審、卸売市場審などで委員歴任、日本商業学会、日本流通学会、日本産業学会、関西ベンチャー学会、日本ビジネスモデル学会に正会員として所属。阪神・淡路大震災を機に、神戸・大阪・北摂・京都で4つのベンチャー研究会を設立、世話人として活動、最近はビジネスモデルの研究と普及に力を入れている。専門は、商業論、流通論、マーケティング論、ベンチャービジネス論、ビジネスモデル論。西和総合研究所株式会社代表取締役(2007年~現在)、一般社団法人H&S代表理事(2012年~現在)、研究室兼事務所(新大阪駅前:2012年~現在)、自宅(茨木市)、子供(1女2男、孫4人)、趣味(パソコン、音楽、散歩、オンライン会議)、連絡(090-3845-8795、konishikazu@gmail.com、FB、Line使用)。"
会場: 大阪駅前第二ビル 生涯学習センター 第2研修室
出欠を知らせる
テーマ: 戦略経営としてのビジネスモデルについて
開催日: 11月 17日(木)18時30分~20時
講 師:小西一彦氏
場 所:大阪駅前第二ビル 生涯学習センター 第2研修室
参加費:リアル受講・リモート受講 一般参加1000円(お支払い方法受付後連絡)
※リモート参加の場合申込時に備考に記載お願いします。

【概要】
わが国でビジネスモデルの用語が頻繁に使用されるようになったのは1990年代の後半以降である。したがって、これは新時代の経営の用語であると言える。ところで新時代の経営は基本的に「戦略経営」である。それは、1980年まで(現代)の経営が「管理的」であったのに対して、基本的に「戦略的」になった点に大きな特徴がある。この「戦略経営」(実体)の枝葉末節を捨象した「概念図」または「設計図」が「ビジネスモデル」である。「ビジネスモデル」は膨大な内容の「戦略経営」よりも、①ビジネス全体がわかりやすい、②情報が伝わりやすい、③コミュニケーションのツールになりやすい、④ビジネスプランの修正が容易である、などにより、比較的短期に多くの人によって使用されるようになった。日本のそして関西の現在の最重要の課題は、この「戦略経営」(ビジネスモデル)である。具体的な条件を踏まえて、最適なビジネスモデルを作成し、タイミングよく実践していくことが必要である。最終的に社会の主権者は国民であり市民であるので、国民も市民も、社会の大きな存在である成功企業の「戦略経営」(「ビジネスモデル」)を正しく評価し、それと関わって、社会問題を解決していくことが肝要である。

【目次】
"1.ビジネスモデルにおける「ビジネス」とは何か?新時代の経営としての「戦略経営」
2.ビジネスモデルにおける「モデル」とは何か?基本的にこの用語は2義的である
3.定義における本質と機能:本質を重視すべきである
4.ビジネスモデルの定義:①「戦略経営」の<概念図>であるか、②「戦略経営」の<設計図>である
5.資本主義の時代変遷(第1期と第2期):1760年~1880年~1980年(新時代への前史)
6.資本主義の第3期(新時代の到来):「管理的経営」→「戦略経営」、ビジネスモデル競争の時代へ
7.ビジネスモデル概念の特質:「戦略経営」と本質の共通性と機能の独自性、「使い勝手の良さ」
8.ビジネスモデル概念の活用:世界では、「ビジネスモデル・キャンパス」がツールとして有名だが
9.おわりに:企業の課題と市民の課題"

【プロフィール】
小西一彦氏
兵庫県立大学名誉教授、西和総合研究所株式会社代表取締役、一般社団法人H&S代表理事
"大阪市立大学経済学部卒業、塩野義製薬株式会社(1965年~1968年)、大阪市立大
学大学院経営研究科博士後期課程(1969年~1975年)、神戸商科大学商経学部助手、講師、助教授、教授(1975年~2004年)、兵庫県立3大学の統合により兵庫県立大学経営学部教授(2004年~2005年)、追手門学院大学経営学部教授(2005年~2012年)、兵庫県立大学名誉教授(2005年~現在)、兵庫県の大店審、薬事審、卸売市場審などで委員歴任、日本商業学会、日本流通学会、日本産業学会、関西ベンチャー学会、日本ビジネスモデル学会に正会員として所属。阪神・淡路大震災を機に、神戸・大阪・北摂・京都で4つのベンチャー研究会を設立、世話人として活動、最近はビジネスモデルの研究と普及に力を入れている。専門は、商業論、流通論、マーケティング論、ベンチャービジネス論、ビジネスモデル論。西和総合研究所株式会社代表取締役(2007年~現在)、一般社団法人H&S代表理事(2012年~現在)、研究室兼事務所(新大阪駅前:2012年~現在)、自宅(茨木市)、子供(1女2男、孫4人)、趣味(パソコン、音楽、散歩、オンライン会議)、連絡(090-3845-8795、konishikazu@gmail.com、FB、Line使用)。"